記録と記憶と印象と..

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー
LEICA X1

実はこちら..出口側だったのよw
生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー詳細はこちら


今日の戯言
七条駅の出口でマックに..
チキンクリスプをテイク
かなり美味しいw
100円なのにね 
 伊勢丹の案内板通りに来たつもりが出口w
左に入ってM9-P+Summilux 50mm ASPH
突き当たればチケットカウンターなんだけどね

中はとーぜん撮影禁止。警備員さん1名巡回してますので
って撮らないけども

では感想を
初期の作品も展示してて、有名になる前の作品で興味深い
ピンボケ写真も多いけど..でも作品として立派に成立してるのよね
深度の浅いのが多いので中判か大判写真なんだけど..

構図も奇をてらったものは無くて、きわめてオーソドックス
戦中戦後の時代背景もあるけれど、写真が記録なんだと強く実感。

名が知れ渡る中期から後期の写真は、お馴染みのドアノーシアターだけど
アイデアが秀逸でどこまでフィクションなのかは不明w

コンタクトシートも展示があって
なんだ露出オーバーとかアンダーも有るんじゃんと少し安心。笑
フィルムはイルフォードとかコダックなんだね

絞りの規則性が読み取れなかったんだけど
カリカリに絞ったのもあればボケボケの写真もあって
シャッタースピードを優先してたのかもしれない..


にしても水平レベルとか全く無視で被写体最優先

(多分)多重露出の変わった写真があったけど..謎だわ

動物と子供の写真て、ある意味卑怯なんだけどw
雪のエッフェルとか良かったなー

そんなこんなで小一時間の予定が..軽く2時間弱w
よくよく考えると200点、1枚1分見ても200分なのよね。笑

大急ぎで奈良へ..M9-P+Summilux 35mm ASPH
実際はもっと暗いんだけどね..

春日大社 節分万燈籠へ..


京都 下京区 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://rmi-ks.jugem.jp/trackback/449
<< NEW | TOP | OLD>>